WARPSPACE 株式会社ワープスペース WARPSPACE

News

TICAD7公式サイドイベント「日本・アフリカビジネスEXPO」に出展しました

2019年8月28日から30日にかけてひらかれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式サイドイベント「日本・アフリカビジネスEXPO」に出展しました。

ブースでは実際に運用している衛星のモックアップと地上局アンテナの実物を展示し、多くの来場者の関心を集めました。

EXPOではアフリカ各国の政府や企業に10㎝立方級の超小型人工衛星開発技術のアフリカへの移転事業を提案。具体的には3年~4年の期間をかけて、現地人材を育成し、人工衛星開発のベース部分の技術やノウハウをアフリカの現地政府、研究機関ないし大手企業に対して有償移転することなどを提案しました。大型衛星の1000分の1のコストで開発できる超小型人工衛星の技術と、衛星運用にとって重要な通信インフラの部分も含めて提供することで、アフリカ諸国それぞれ独自の人工衛星ミッション、スタートアップ、産業の創出の強力にバックアップして参ります。

当社のブースを視察するジブチのイスマイル・オマル・ゲレ 大統領
衛星について質問する来日中の研修員
ブースの様子